奥村雄樹(おくむらゆうき)

1978 青森生まれ
------- マーストリヒト、ブリュッセル、東京にて制作・活動

1997–2002 多摩美術大学油画専攻
2000-------- クイーンズランド美術大学(ブリスベン)に交換留学生として一年間在学
2002–2004 東京藝術大学大学院修士課程油画専攻
2009–2012 東京藝術大学大学院博士後期課程

個展
2000 Pieces, QCA Gallery, クイーンズランド美術大学, ブリスベン
------- Pubic Ping Pong Project, Soapbox Gallery, ブリスベン
2005 トランスファー, Hiromi Yoshii Five, 東京
2006 Can't Get You Out Of My Head, チェルスモア別館18号室, ニューヨーク
------- ループホール, studio J, 大阪
2007 Half the World Away, アイルランド近代美術館 Process Room, ダブリン
------- ポップ, ギャラリーSOAP, 北九州
2008 アイミーマイン, MISAKO & ROSEN, 東京
2010 奥村雄樹とこどもたち:くうそうかいぼうがく(青森編), 国際芸術センター青森 ギャラリーB, 青森
------- くうそうかいぼうがく・落語編, MISAKO & ROSEN, 東京
------- Fantastinen matka|Fantastic voyage, Gallery Augusta, スオメンリンナ, ヘルシンキ
2011 煙突を潜望鏡に変える, project room sasao, 秋田
------- ジュン・ヤン 忘却と記憶についての短いレクチャー, アートスペース1, 東京藝術大学, 東京(東京藝術大学大学院美術研究科博士審査展にて)
2012 Synchronized Sneezing - Basel, dock, バーゼル("dock:surprise"シリーズ)
------- Anatomie-Fiktion, バーゼル大学解剖学博物館, バーゼル
------- 小林禮子 通訳者のメモ, 東京都現代美術館1Fホワイエ, 東京
------- 善兵衛の目玉(宇宙編), 愛知県美術館, 愛知(APMoA Project ARCH vol.4)
2013 Jun Yang: A Short Lecture on Forgetting and Remembering, Vita Kuben, Norrlandsoperan, ウメオ
------- Across Our Horizons, HEDAH, マーストリヒト
2015 ローマン・オンダックをはかる, MISAKO & ROSEN, 東京
2016 , 京都市立芸術大学ギャラリー @KCUA, 京都
------- 奥村雄樹による高橋尚愛, 銀座メゾンエルメス フォーラム, 東京
2017 奥村雄樹, MISAKO & ROSEN, 東京
------- 帰ってきたゴードン・マッタ=クラーク, statements, 東京
2018 Na(me/am), Convent, ゲント
2019 29,771 days – 2,094,943 steps, LA MAISON DE RENDEZ-VOUS, ブリュッセル

二人展
2007 ウィル・ローガン/奥村雄樹 everyday, MISAKO & ROSEN, 東京
------- 奥村雄樹+王雅慧:On And On And On, Laboratoire Village Nomade, ラ・コルビエール
2009 Inside Outline 奥村雄樹+冨井大裕, KABEGIWA, 東京
------- 奥村雄樹/江忠倫:秘密生活, 新苑芸術, 台北
2012 Iram Ghufran & Yuki Okumura: We are, we are…, The Guild, ムンバイ
2014 Shuzo Azuchi Gulliver & Yuki Okumura: Shi, Etablissement d'en face, ブリュッセル
2015 Yuki Okumura - Monika Stricker, Japanisches Kulturinstitut Koln, ケルン
------- Hisachika Takahashi Annotated by Yuki Okumura: Memory of Past and Future Memory, Annet Gelink Gallery, アムステルダム
2016 奥村雄樹による高橋尚愛, 銀座メゾンエルメス フォーラム, 東京
2018 ベアトリス・バルク―x奥村雄樹:心中熊楠城, KYOTO ART HOSTEL kumgusuku, 京都

グループ展
1999 Rainbow, 東京造形大学スタジオ, 東京
2000 フィリップ・モリス・アート・アワード2000 最終審査展, 恵比寿ガーデン・ホール, 東京
------- 模型洗濯機, 多摩美術大学絵画棟エントランス・ホール, 東京
------- Continue Art Project 2000, 旧菖蒲小学校, 新潟
2001 The First Steps: Emerging Artists from Japan, Grey Art Gallery, ニューヨーク
2002 エモーショナル・サイト, 佐賀町食糧ビルディング, 東京
------- 身体をデザインする - 上透明なインターフェイス, 複眼ギャラリー, 大阪
2003 Tokyo - Munchen, ミュンヘン国立芸術アカデミー, ミュンヘン
------- 群馬青年ビエンナーレ'03, 群馬県立美術館, 群馬
------- PresentA '03 - あなたは, 何処, 東京藝術大学陳列館, 東京
2004 タイム・オブ・マイ・ライフ 永遠の少年たち, 東京オペラシティアートギャラリー, 東京
------- Episode: 2nd Asia Art Now, 清州アートセンターギャラリー, 清州
2005 The World is Mine, Hiromi Yoshii Five, 東京
2006 Everyday Life is a Microcosm, コーネル大学美術科実験スタジオ, イタカ, ニューヨーク
------- Peekskill Project 2006, Peekskill Coffee House, ニューヨーク
------- IRP Exhibition Summer 2006, Location One, ニューヨーク
------- Trans-boundary Experiences: Contemporary Art from China, Korea and Japan, Spool MFG, ビンガムトン, ニューヨーク
2007 Peach Flower, Apricot Flower, Sungsan Art Hall, 昌原
------- Recent Works, MISAKO & ROSEN, 東京
------- Loop, 台北国際芸術村, 台北
2008 釜山ビエンナーレ2008 - Sea Art Festival: Voyage without Boundaries, MeWorld, 釜山
------- 都市之眼, 台北当代藝術館, 台北
------- End of the Tunnel, 丸の内ハウス, 東京
2009 ラブラブショー, 青森県立美術館, 青森
------- 非日常:隠力場, 鳳甲美術館, 台北
------- この世界とのつながりかた, ボーダレス・アートミュージアム NO-MA, 滋賀
------- 點點與骨髏頭頭, Soka Art Center, 台南
------- "Now that I'm by myself", she says, "I'm not by myself, which is good", DiverseWorks, ヒューストン
------- Japan Video Window, Duplex Gallery, サラエボ
------- ゲバゲバ・サマーショー 〜ゲバゲバな4週間, MISAKO & ROSEN, 東京
2010 時の流れと絆:日本の芸術家とアメリカ, アメリカ大使公邸, 東京
------- ロボットと美術:身体x機械のビジュアルイメージ, 青森県立美術館, 青森 → 静岡県立美術館, 静岡 → 島根県立石見美術館, 島根
------- あさがお展, 旧坂本小学校, 東京
------- for against disaster, ムーブ町屋ミニギャラリー, 東京
2011 It is not an art center. - アートセンターの可能性, HAPPA, 東京
------- 癮行者—宮津大輔:位工薪族的收藏展, 台北當代藝術館, 台北
2012 Daikanyama Art Street, ヒルサイド・フォーラム, 東京
------- Fuyu no Tabi, Shane Campbell Gallery (Lincoln Park), シカゴ
------- VOCA展2012 新しい平面の作家たち, 上野の森美術館, 東京
------- メメント調布, トコン・ダラーム・バサール, 東京
------- Iram Ghufran / Miatta Kawinzi / Sylvie Laplante / Yuki Okumura, iaab Projectraum "Basement", バーゼル
------- The Swiss Experience, Forum Schloss Platz, アーラウ
------- HIRATA ARAKAWA OKUMURA TANAKA, Raster, ワルシャワ
------- Dance on a Thin Line, 大邱芸術発展所, 大邱(The Daegu Photo Biennale 2012)
------- MOTアニュアル2012 Making Situations, Editing Landscapes 風が吹けば桶屋が儲かる, 東京都現代美術館, 東京
------- RECALL #1/re-curate: Making Homelesses, Editing Sequences 天災は忘れた頃にやってくる, 東京都現代美術館, 東京
------- PARADE: Invisibles in Japanese Media Arts from "Night Parade of one hundred Demons" to "IS Parade", ArtisTree, 香港
2013 遭難展, シャトー2F, 東京
------- Vom Japonismus zu Zen - Paul Klee und der Ferne Osten, パウル・クレー・センター, ベルン
------- Transmissions, AIRPLANE, ブルックリン
------- 私をとりまく世界, トーキョーワンダーサイト渋谷, 東京
------- MONIKA STRICKER, CAB, ブリュッセル
------- 反重力 浮遊|時空旅行|パラレル・ワールド, 豊田市美術館, 愛知
------- 六本木クロッシング2013展:アウト・オブ・ダウト―来たるべき風景のために, 森美術館, 東京
2014 Translation Theme Park, Galleri 21, マルメ
2015 Villa Toronto, ユニオン駅, トロント
------- VOCA展2015 新しい平面の作家たち, 上野の森美術館, 東京
------- RECALL #2/re-curate: VOCALIZE 声を出す・声に出す, 上野の森美術館, 東京
------- アパートメント調布, トコン・ダラーム・バサール・ウタラ, 東京
------- Un-Scene III, WIELS Contemporary Art Centre, ブリュッセル
2016 調布会展2016, ギャラリーみるめ, 東京
------- alt-space-escape, オンライン
------- Cool Invitations 3, XYZ Collective, 東京
------- 根も葉もない, 南門町323, 台北
2017 Wrapped/Unwrapped, Zoo Galerie, ナント
------- Oomingmak, Capital, サンフランシスコ
------- Constellations, Exhibition Laboratory, ヘルシンキ芸術アカデミー, ヘルシンキ
2018 世界に対する知と信, 駒込倉庫, 東京
------- HARSH ASTRAL - The Radiants 2, Green Tea Gallery at Galerie Francesca Pia, チューリッヒ / Halle fur Kunst, リューネブルク
------- Re: Romantic Conceptualism: When you were here before, Couldn't look you in the eye., New South Greenland Biennale, ニューサウスグリーンランド
------- State of Statelessness, L'iselp, ブリュッセル
------- rampe No.I, rampe, ベルリン
------- Viva Villa, Villa Mediterranee, マルセイユ
2019 Tre metri per quattro (1673996652 pi), ヴェニス各地
------- Ja, Nine, Booth 24, Art Rotterdam 2019, ロッテルダム
------- びじゅつじょろん, 藤枝市民会館, 静岡
------- みる, アートカゲヤマ, 静岡
------- Jun Yang: The Artist, the Work and the Exhibition, Kunsthaus Graz, グラーツ
-------その先へ, 駒込倉庫, 東京

パフォーマンス
2004 思い出がいっぱい, 東京オペラシティアートギャラリー, 東京
2005 現代美術ギター侍, Traumaris, 東京
2006 その場にいる人からつばを集めてフライパンで焼く, Spool MFG, ビンガムトン
------- その場にいる人からつばを集めてフライパンで焼く(東京), Uchida Bldg Complex, 東京
2007 六月雪, 台北國際藝術村 幽竹廳(劉淑娟とのコラボレーション)
2012 14の夕べ, 東京国立近代美術館, 東京
2016 Luser Story, ワルシャワ近代美術館(Making Useにおけるbrudの企画にて), ワルシャワ
------- Produce III: The Game Settled Into a Cagey Midfield Match, イスタンブール
-------The Absence of Work, Oude Kerk, アムステルダム

上映
2005 Picture in Motion De Luxe, 栃木県立美術館, 栃木
2006 Indblik, ヘルニング美術館, ヘルニング
------- Nomad Theatre vol.1: Another World, アップリンク・ファクトリー, 東京
------- Cinema Scope, East Hampton Studio, ニューヨーク
------- Sonar 2006, バルセロナ現代文化センター, バルセロナ
------- Theory of Everything, Workstation Arts Center, 北京|Location One, ニューヨーク|アインシュタイン講堂, ニューヨーク大学|
          Tank.tv, ロンドン・ベースのウェブサイト|台南藝術大学, 台南(2007)|アイルランド近代美術館, ダブリン(2007)|
          Gallery F, Scarritt Bennett Center, ナッシュヴィル(2011)
------- Transfer, PARK4DTV, アムステルダム・ベースのウェブサイト(単独上映)
2007 MAM SCREEN, 六本木ヒルズ, 東京
------- Rencontres Internationales 2007: Clause Sociale, シネマ・ロントルポ, パリ
------- Compendium, Lux, ロンドン/H-I-T, ヨーテボリ(MIACAのプログラムにて)
------- Istanbul Internatiional Film Festival, イスタンブール(MIACAのプログラムにて)
------- 東方:極東の映画, サンテルモ城, ナポリ
------- Indblik, ヘニエ・オンスタッド美術館, ホーヴィコードン
------- Saison Video 2007: Transmutations, カレー装飾美術館, カレー
2008 Rencontres Internationales 2008: Communities, 国立ソフィア王妃芸術センター, マドリード
------- Theory Of Everything (shortened version), Contemporary Art Screen Zuidas, アムステルダム
------- IASmedia Screening 2008, Insa Art Space, ソウル
2009 Re: Membering - The Next of Japan, Alternative Art Space Loop, ソウル
2010 Videozoom Japan: Re-framing the Everyday, Sala1, ローマ|ピノ・パスカリ美術館, バーリ (2011)
------- Many people ask me, "Don't you miss Japan when you live abroad?", LIA, ライプツィヒ|Kuenstlerhaus Bethanien, ベルリン|
          Kunstverein Gottingen, ゲッティンゲン(すべて山下麻衣+小林直人の展示の一部として)
------- New Tokyo Contemporaries 3, 日経SPACE NIO, 東京
------- Shop If You Can, Look If You Want - Art Trail(St. Patrick's Festival 2010), Meeting House Square(野外スクリーン), ダブリン
------- NADA Artist Ball, Big Screen Project, ニューヨーク
2011 Super 8, Christopher Grimes Gallery, サンタモニカ|Yerba Buena Center for the Arts, サンフランシスコ(2012)|
          Kunstlerhaus Bethanien, ベルリン(2012)| Museum of Modern Art, リオ・デ・ジャネイロ (2013)
------- G-Tokyo x New Tokyo Contemporaries Salon 2011, 六本木ヒルズカフェ, 東京
2012 Better Life for Artists, HIGURE 17-15 CAS, 東京 (企画:Artists' Guild)
------- アナザーワールド, 森美術館ほか, 東京 ("六本木アートナイト2012" 関連プログラム)
------- 砂入博史と奥村雄樹, ニューヨーク大学, ニューヨーク
------- ジュン・ヤン 忘却と記憶についての短いレクチャー, gsgp 女子美アートセンター準備室, 神奈川|愛知県立芸術大学, 愛知|東京造形大学, 東京|
          東京都現代美術館講堂, 東京
------- Great Poor Farm Experiment IV video program, Poor Farm, ウィスコンシン
2013 VISIONS 2013—―映像のざわめき(アートラインかしわ2013), アミュゼ柏, 千葉(アーティスツ・ギルドの一員として)
2015 Bitte nicht wecken: 9 ½ uur omtrent het laatste werk, LLS 387, アントワープ
2017 WIELS 10th Anniversary & Kunstenfestivaldesarts Closing Party, WIELS, ブリュッセル
         帰ってきたゴードン・マッタ=クラーク/Welcome Back, Gordon Matta-Clark, statements, 東京; M HKA, アントワープ; KASK, ゲント;
         全部・穴・会館 <ホール>, 仙台(2018)
2018 For no one knows himself, if he is only himself, Khartoum Contemporary Art Center, オスロ
------- 無題, 眺めのよい部屋, 東京国立近代美術館, 東京
------- ゴードンの送り火, @KCUA, Kyoto (田村友一郎「叫び声《展関連企画)
2019 Projections, Art Rotterdam 2019, ロッテルダム

キュレーション
2004-2005 The World is Mine, Hiromi Yoshii Five, 東京
2006 Theory of Everything, Workstation Arts Center, 北京ほか
2009 I Found Myself an Innovator, flickerlounge, DiverseWorks, ヒューストン(レイチェル・クックと共に企画)
2013 Hisachika Takahashi, Project Room, WIELS, ブリュッセル/Exhibition Research Centre, リバプール(アントニー・フデックと共に企画)
------- Art Rotterdam, ロッテルダム(MISAKO & ROSENのブース)(2014)

ワークショップ
2008 くうそうかいぼうがく:自分の体の中を想像してカラフルな絵にしよう, 府中市美術館, 東京
2009 ターゲットを定めてみる。そして新たなアプローチをしてみる。, 武蔵野美術大学, 東京
2010 くうそうかいぼうがく(青森編), 国際芸術センター青森 ギャラリーB/空間実験室, 青森
------- ターゲットを定めてみる。そして新たなアプローチをしてみる。, 武蔵野美術大学, 東京
------- Anatomy Fiction - version Suomenlinna, Helsinki, スオメンリンナ幼稚園, ヘルシンキ
2011 ターゲットを定めてみる。そして新たなアプローチをしてみる。, 武蔵野美術大学, 東京
------- くうそうかいぼうがく, 世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館, 東京
------- くうそうかいぼうがく, オーシャン・ルート, 東京(オンゴーイング・スクール)
------- くうそうかいぼうがく, GREEN, 秋田
------- くうそうかいぼうがく, アトリエてる・てる, 東京
2012 Anatomy Fiction, Swiss International School, バーゼル
------- くうそうかいぼうがく, 広島市現代美術館, 広島(コンダクター:山下樹里)
------- くうそうかいぼうがく, 元加賀小学校, 東京
------- 多元宇宙の缶詰, blanclass, 横浜
------- くうそうかいぼうがく, 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館, 香川
------- くうそうかいぼうがく, アートラボあいち, 愛知
2013 Anatomy Fiction, Creaviva, Zentrum Paul Klee, ベルン
------- Anatomy Fiction, WIELS Contemporary Art Centre, ブリュッセル
------- Anatomy Fiction, Zeughaus Teufen, Bim Grill プロジェクト, トイフェン
------- Anatomy Fiction, BSO Colorito Jungle/Basisschool Wyck, マーストリヒト
------- Canned Multiverse, HEDAH, マーストリヒト
------- Anatomy Fiction, Bielefelder Kunstverein, MUSEUM OFF MUSEUM 関連企画, ビーレフェルト
2014 Anatomy Fiction, Chisenhale Gallery, ロンドン
------- 多元宇宙の缶詰, 千葉市美術館, 千葉
2016 くうそうかいぼうがく, メディアセブン,川口(コンダクター:樋熊冬野)
2018 Anatomy Fiction, Traffic 関連企画, サン・ロレンツォ・イン・カンポ(コンダクター:Pietro Consolandi & Giacomo Gerboni)

アーティスト・イン・レジデンシス
2006 Location One, ニューヨーク
2007 台北國際藝術村, 台北
------- Level 1, 北九州
------- Laboratoire Village Nomade, ラ・コルビエール
------- アイルランド近代美術館, ダブリン
2010 HIAP, ヘルシンキ
------- Mustarinda, ヒュリンサルミ
2012 iaab, バーゼル
2013 WIELS, ブリュッセル
2015 いそうろうレジデンシー・プログラム, ウィーン
2018 ヴィラ九条山, 京都(ベアトリス・バルクーとのコラボレーションにて)

助成と奨学金
2002 山田奨学会 奨学生
2006 ACC日米芸術交流プログラム
2007 EU・ジャパンフェスト日本委員会/野村国際文化財団
2009 日本文化藝術財団 奨学生
2010 EU・ジャパンフェスト日本委員会/朝日新聞文化財団
2012 Tokyo Wonder Site二国間交流事業
2013 文化庁新進芸術家海外研修制度
2014 ポーラ美術振興財団 若手芸術家の在外研修助成
2018 日本文化藝術財団25周年助成

受賞
2000 フィリップ・モリス・アート・アワード2000 グランプリ

アーティスト・ブック
2012 小林禮子:通訳者のメモ, MISAKO & ROSEN, 東京
2015 なぜ会田誠の絵をVOCA展に出してはいけないのか, MISAKO & ROSEN, 東京
2017 Yuki Okumura, edition.nord, 新潟

ブックフェアほか
2017 WIELS Art Book Fair 2017, WIELS, ブリュッセル
------- Antwerp Academy Art Book Fair, Royal Academy of Fine Arts, アントワープ (Malenkiのブースにて)
------- Publishing as an Artistic Toolbox: 1989-2017, Kunsthalle Wien, ウィーン
------- Il Nuovo III, Etablissement d'en face, ブリュッセル

レクチャーとアーティスト・トーク
2006 Theory of Everything, ニューヨーク大学, ニューヨーク
------- 日本の近年のビデオ作品について, ワークステーション・アーツ・センター, 北京
2007 新一代的身體裂解, 台南芸術大学, 台南
------- これまでの作品について, ギャラリーSOAP, 北九州
2008 ここはどこ/わたしはだれ, 武蔵野美術大学, 東京
2010 空間実験室, 青森
------- 青年藝術家沙龍系列1, 台北コンテンポラリーアートセンター, 台北
2011 煙突を潜望鏡に変える, トワル.rui, 秋田
------- 翻訳と密室, Midori Art Center (MAC) @ Hotel YAMAGAMI, 青森
------- アーティスト特別講義:奥村雄樹, 和光大学, 東京
2013 アートスペースE, 愛知芸術文化センター, 愛知
------- Presentation of the New Artists Residency, WIELS Contemporary Art Centre, ブリュッセル
------- スーチャン・キノシタ研究室(ミュンスター美術大学)の学生のために, ブリュッセルにて
------- Umea Academy of Fine Arts, ウメオ
------- アーティスト・リレー・トーク, 森美術館, 東京
------- Maastricht Academy of Fine Arts and Design, マーストリヒト
------- なぜ私は《3.11 Tsunami 2011》の上映会を企画したのか, Cinema Galeries, ブリュッセル
2014 現在のアート〈2014〉, MITSUME, 東京
2015 YUKI OKUMURA, ミュンスター芸術アカデミー, ミュンスター(企画:DEPOT4.9)
2016 第12回アーカイブ研究会 上完全なアーカイブは未来のプロジェクトを準備する., 京都市立芸術大学ギャラリー @KCUA, 京都
------- パラレルな現実を跨ぐ:制作と生計|アーティストとキュレーター|自己と他者|日本と欧州, 武蔵野美術大学, 東京(聞き手:袴田京太朗)
------- 肖像擺系列活動#4:日落之歌, 台北當代藝術中心, 台北
------- MW Talk - 14 奥村雄樹, まちなかサロン, 前橋(聞き手:川松康徳/企画:前橋ワークス)
2017 Paintings from Dark to Light: An Exhibition That Time-travels and Bifurcates, Conversations in Light and Dark, Exhibition Laboratory, ヘルシンキ芸術アカデミー
------- Curatorial Conversation #1: Yuki Okumura, Curatorial Studies, KASK, ゲント
------- Yuki Okumura: Self or Auto?, BA Fine Art Extension Masterclass, ゴールドスミス・カレッジ, ロンドン
2018 Convent Talks: Yuki Okumura, Convent, ゲント

ディスカッション
2006 普遍について, Uchida Bldg Complex, 東京(奥村雄樹 × 田中功起)
2007 AIT ARTIST TALK #29:ウィル・ローガン×奥村雄樹, AIT, 東京
2008 田中功起, 言葉にする:第一回 奥村雄樹くんと話す, http://kktnk.com/podcast/kotoba/kotoba.html
2009 なぜ, 身の回りのものなのか, 野間清六邸, 滋賀(奥村雄樹 × 森田浩彰 × 保坂健二朗)
------- 美術における人体をめぐって, 武蔵野美術大学, 東京(冨井大裕 × 奥村雄樹 × 石崎尚)
------- 奥村雄樹 × 増本泰斗, 玉川大学, 東京
2010 CAMP:[架空]の物事をめぐって(粟田大輔 × 奥村雄樹 × 田村友一郎 × 村上華子), Otto Mainzheim Gallery, 東京
------- 有賀慎吾 × 奥村雄樹, Art Center Ongoing, 東京
------- CAMP:見ることと教育, と経験(成相肇 × 星野太 × 奥村雄樹), Cat's Cradle, 東京
2011 Asia Interactive Research 中間発表 vol. 1, 森下スタジオ, 東京
------- CAMP:アートを実践することについて, ベルベットサン, 東京(奥村雄樹 x 田中功起 x 冨井大裕 x 杉田敦)
------- 制作と言葉, 武蔵野美術大学, 東京(泉太郎 x 奥村雄樹 x 林卓行)
------- 『Na+』出版記念イベント editor's meeting, NADiff a/p/a/r/t, 東京
2012 Hikaru Suzuki Film Show 関連トーク, 青山|目黒, 東京(鈴木光 x 粟田大輔 x 奥村雄樹)(企画:kayokoyuki
------- 触れた手が, 明らかに小刻みに, ぷるぷると, Talion Gallery, 東京(小泉圭理 x 友政麻理子 x 奥村雄樹 x 佐々木勇貴)
------- 《ジュン・ヤン 忘却と記憶についての短いレクチャー》について, 女子美アートセンター準備室, 神奈川(杉田敦 x 星野太 x 奥村雄樹)
------- 《ジュン・ヤン 忘却と記憶についての短いレクチャー》について, 愛知県立芸術大学, 愛知(副田一穂 x 山本高之 x 奥村雄樹)
------- 《ジュン・ヤン 忘却と記憶についての短いレクチャー》について, 東京造形大学, 東京(末永史尚 x 森田浩彰 x 奥村雄樹)
------- 何に着目すべきか? Lost & Found, Asahi Art Square, 東京
------- agenda 120925 言葉に何が出来るのか?, スタジオセンター, 東京(奥村雄樹 x 小林耕平 x 田中裕之)
------- 田中功起ワークショップ「Meetings within Meetings 打ち合わせ – キュレーションと教育と未来《, CSLAB, 東京造形大学, 東京
------- イラム・グフラン x 奥村雄樹 x ジタンジャリ・ダン, The Guild, ムンバイ
2013 風が吹き、桶屋が儲かり、そのあとなにが起きるのか?, 東京都現代美術館講堂, 東京
------- 奥村雄樹と下道基行と田村友一郎と山城大督によるプレゼンテーション+座談会, 長者町プラットフォーム, 愛知
------- Hisachika Takahashi Special Night, Project Room, WIELS, ブリュッセル
------- 山城大督 東京映像芸術実験室 映像への対話 第2回 構造体としての映像。そしてその先へ, アサヒ・アートスクエア, 東京
------- 悪夢とそれなりの事実(井出賢嗣 x 奥村雄樹), トーキョーワンダーサイト渋谷, 東京
------- ウズレム・オルティン x 奥村雄樹, Bielefelder Kunstverein, ビーレフェルト
2014 肉体契約(番外編), blanClass, 横浜(ゲスト:シュウゾウ・アヅチ・ガリバー)
------- Shock and Change: Japansk Samtidskonst efter Fukushima(朝海陽子 x レイフ・ホルムストランド x 奥村雄樹), マルメ近代美術館, マルメ
------- Translation Theme Park, マルメ芸術アカデミー, マルメ(司会:レイフ・ホルムストランド)
------- 真夜中のCAMP:芸術ってなんだすべ?, 秋田公立美術大学, 秋田
2015 生計ラジオ:作田知樹「アームズ・レングスでいいとも〜芸術の自律と経済〜《, ARTISTS' GUILD:生活者としてのアーティストたち, 東京都現代美術館
------- 生計ラジオ:眞島竜男「アベノミックでアベノミカルな日本のアーティストたち〜YAH YAH YAH〜《, 同上
2016 山本久志 x 奥村雄樹, Vv/\/\//\\\/\/\/\/\/\, ミュンヘン(山本の個展「Tceifer《関連企画)
------- ダン・ペルジョヴスキへのインタビュー, xxxmot
------- A Domestic Choice, WIELS, ブリュッセル
-------キセイノセイキのあとになにが起きるのか? その1, 木場公園, 東京
------- 表現者はいかに自主規制を切り抜けていくか, VACANT, 東京
------- BY, L’iselp, ブリュッセル(ベアトリス・バルコウとの対談)
------- Wie is er bang voor hedendaagse kunst? , De School, アムステルダム(ノーア・メルテンスとの対話)
2018 ゴードン・マッタ=クラーク展 ギャラリー・トーク#10(奥村雄樹x田村友一郎x三輪健仁), 東京国立近代美術館

パブリック・コレクション
東京都現代美術館
愛知県美術館
森美術館
アントワープ現代美術館