奥村雄樹: 翻訳(英和/和英)と通訳(英和)の仕事

※お仕事のご依頼はこちら




【英和翻訳】



2016
ジュン・ヤン「罪と許しの時代」
  映像作品のスクリプト(森美術館での『六本木クロッシング2016:僕の身体、あなたの声』展にて展示)

キム・ソンジョン「声」
  『六本木クロッシング2016:僕の身体、あなたの声』展カタログに収録

サイモン・フジワラ「ミラー・ステージ」
  映像作品の字幕(東京オペラシティアートギャラリーでの個展『ホワイト・デイ』にて展示)

グイド・ヴァン・デル・ウェルヴェ「作品6番『スタインウェイのグランドピアノ、眠るために目覚めさせてほしい、あの虹のすべての色』」
  映像作品の字幕(@KCUAでの個展『killing time|無為の境地』にて展示)

サラ・ソーントン「絵画宇宙の村上隆」
  『村上隆の五百羅漢図展』カタログ(森美術館)に収録

ボーズ・クリシナマチャリ「コーチ=ムジリス・ビエンナーレ:観客を創り出すこと」
ウォン・ホイチョン「新しい戦略、場所、コミュニティを捜して:ローカルとグローバルの弁証法、さらなる脱線」
ペギー・レヴィット「アーティファクトと忠誠:ミュージアムはいかに国家と世界を提示するのか」
アントン・ヴェクトル「不死の美術館」
登壇者によるパネル・ディスカッション(三日目)
  すべて『美術館はいかにグローバルになれるのか?』(CiMAM[国際美術館会議]2015年次総会東京大会報告書)に収録


2015
CiMAM[国際美術館会議]2015年次総会東京大会の各発表の要旨
  執筆者:ブルック・アンドリュー、マリアナ・ボティ、パトリシア・ファルギーイエレス、ボーズ・クリシナマチャリ、
  ペギー・レヴィット、ハメド・ナサー、ジャック・パーセキアン、スラヴス・アンド・タタールズ、ユージン・タン、
  アントン・ヴィドクル、ウォン・ホイチョンほか)

ディン・Q・レのインタビュー
  森美術館での個展で上映された映像の字幕およびカタログに掲載されているテキスト

ヴォルフガング・ティルマンスのインタビュー
  映像の字幕(国立国際美術館での個展に関するもの)

ギムホンソック「公共の空白」

前竹泰江「Statement」
  http://www.yasuemaetake.com/about-1/

ピエール・ユイグ「ホスト&クラウド」
  映像作品の字幕(TARO NASUでの個展に出品)(同画廊との共訳)

サイモン・フジワラ「スタジオ・ピエタ」
  映像作品の字幕(Parasophiaに出品)


2014
ハーヴェイ・モロッチ&グレン・ウォートン「社会学としてのアート」
 「リー・ミンウェイとその関係展」のカタログに所収

ピーター・シュレダール「セールスポイント」
 「BT/美術手帖」2014年10月号掲載(特集ジェフ・クーンズ)

アンドリュー・マークル「帰ってきたダーン・ファンゴールデン」
 『Daan van Golden: Made in Tokyo』に所収

ミン・ティアンポ「メディウムはメッセージである──今井祝雄」
  ユミコチバアソシエイツ発行の同名の書籍に所収

ライアン・ガンダー「私の作品制作の論理が私自身を追い詰める」
  同シリーズから選ばれた10点についての作家自身によるテキスト(東京オペラシティアートギャラリーでの「幸福はぼくを見つけてくれるかな?」展に出品)

オマー・ファスト「コンティニュイティ」
  映像作品の字幕(東京オペラシティアートギャラリーでの「幸福はぼくを見つけてくれるかな?」展に出品)

ギムホンソック「客観する人々──身近な芸術」「客観する人々──間違った解釈」


2013
エレナ・フィリポヴィッチ「The Other Tradition
  「コンテンポラリー・アート・セオリー」に所収

ガブリエル・リッター「ナンセンスの系譜」
 「六本木クロッシング2013」カタログ所収

リリー・ワイによる第55回ヴェネチア・ビエンナーレ日本館(田中功起)のレビュー
 「BT/美術手帖」2013年8月号掲載

マッシミリアーノ・ジオーニによる大竹伸朗へのインタビュー
 「BT/美術手帖」2013年10月号掲載

サイモン・フジワラ「Mex in the City」
  映像作品の字幕(TARO NASUでの個展にて展示)

ライアン・ガンダー「ラスト・ワーク・トゥー」「それがみずからを示すように」
  映像作品中のダイアログの全訳/「DAIWA PRESS VIEWING ROOM vol.14」に所収

アンナ・フライヤー「推移する視点──美術における「運動」の解釈と表現」
  東京藝術大学大学院 博士学位論文


2012
田中功起「discussing unknown (his future work)
  映像作品の字幕

サイモン・フジワラ「Artists' Book Club: Hakuruberri Fuin no Monogatari
  映像作品の字幕

ガス・ヴァン・サントとライアン・マッギンレーの対談
 「BT/美術手帖」2012年12月号掲載

デミアン・ハーストのインタビュー(聞き手:ハンス=ウルリッヒ・オブリスト/ニコラス・セロータ)
 「BT/美術手帖」2012年7月号掲載

松井みどり「物体の領域から人間の領域へ──ロッテ・ライオンのジェスチュラルなミニマリズム」
   ロッテ・ライオン「Poster / Catalogue」に所収

ロリス・グロー「スノークス:深海に響く音楽

ザラ・スタンホープ「港から港へ」
 「象の鼻ジャーナル」創刊号掲載

イ・ブルのインタビュー(聞き手:ニコラス・シャフハウゼン)
  「イ・ブル 私からあなたへ、私たちだけに」展(森美術館、東京)のカタログに所収


2011
ヴィム・ヴェンダース 「もし建築が話せたら…」
  映像作品のナレーション(東京都現代美術館での展覧会のため)

ラーズ・ミュラー「Herzog & de Meuron NATURAL HISTORY」
 「本 TAKEO PAPER SHOW 2011」所収

ヨヘン・フォルツ「アートの空間、都市の空間──長者町モデル」
  「あいちトリエンナーレ 2010」所収

田中功起「Someone's junk is someone else's treasure
  映像作品の字幕

田中功起「A haircut by 9 hairdressers at once (second attempt)
  映像作品の字幕

MISAKO & ROSENの展覧会テキスト
  有馬かおるアンダース・エドストローム&南川史門ジョシュ・ブランド竹崎和征マヤ・ヒュイット


2010
ドリアン・チョン「Naked Young Man in Nature
  「ネイチャー・センス」展(森美術館、東京)のカタログに所収

ジュン・ヤン「忘却と記憶についての短い物語」
  映像作品の字幕/Shugoartsでの展覧会のため

ミヒナ・ミルカン「私たちは誰の美術史について語るのか?


2009
リンダ・デニス「タッチの概念を掴む」
  東京藝術大学大学院 博士学位論文

マッシモ・ヴィネリ「マックス・フーバーについて」
  IDEA Magazine no. 335

ザック・キーズ&インゴ・ニールマン「The Choices」
  IDEA Magazine no. 332


2008
ライアン・ガンダー「The Last Work」「Somewhere Between」
  映像作品中のダイアログの全訳/「Ryan Gander: More than the weight of your shadows」所収

レベッカ・メイ・マーストン「カササギ主義と解読困難性」
ブライアン・ショリス「ストーリー・テラー」
ナイジェル・プリンス「ライアン・ガンダーはアートに興味を持っている」
  「Ryan Gander: Heralded as the New Black」所収の全テキストを、Taro Nasuでの展覧会のために和訳

ガブリエル・リッター「東京ナンセンス」
  展覧会ステートメント/「BT/美術手帖」2008年4月号掲載

クリスタ・ソムラー&ロラン・ムニョノー「Interactive Plant Growing」
マイケル・プライム「Fungi and Bioelectronics」
  ともに「サイレント・ダイアローグ」展(ICC、東京)のカタログに所収

2007
ライアン・ガンダー「ゴーストライター・サブテクスト」
  映像作品中のダイアログの全訳/Taro Nasuでの展覧会のため

ガブリエル・リッター「本当の色」
  会田誠「Monument For Nothing」に所収


2005
マシュー・バーニー「クレマスター概要」
  「Studio Voice」マシュー・バーニー特集号のために抄訳





【和英翻訳】
*注記がないかぎり、すべての英訳校正はLinda Dennis(2012年中頃まで)および
Greg Wilcox(2012年中頃以降)が担当している。


2016
福士朋子「Cut & Paste」
  同名の書籍(Blue Art)に収録

百瀬文「The Interview about Grandmothers」
山城大督「トーキング・ライツ」
  ともに森美術館での『六本木クロッシング2016:僕の身体、あなたの声』で展示された映像/舞台作品の字幕

ごあいさつ、ステートメント、作家解説(校正:William Andrews)
  すべて東京都現代美術館での『MOTアニュアル2016 キセイノセイキ』展会場にて掲示あるいは配布


2015
ミヤギフトシ「17 Notes from the South」

成相肇「Upheaval and Experimental Change: Japanese Art from 1945 to the end of the 1970s
金子隆一「A Brief Introduction to Japanese Postwar Photography of the 1950s, 60s and 70s(校正:Linda Dennis)
  ともに「Provenance: Japan」(Phillips)収録

小林耕平「台詞に身体を与える」「会話を観る」
百瀬文「定点観測(駐屯地の友人の場合)」
  ともに国立新美術館「アーティスト・ファイル2015」展で展示された映像作品の字幕

畠中実「AKI INOMATA Inter-Nature Communication

服部浩之「知覚の扉を開く時間旅行が、地域資源の再発見へと誘う」
  十和田奥入瀬芸術祭のカタログに所収


2014
小林耕平「L字とミミズ」(ステートメントとキャプション)
  群馬県立近代美術館「1974年に生まれて」展カタログに所収

田村友一郎「T氏の部屋」(ステートメント)
田代一倫「はまゆりの頃に」(キャプション)
  ともに愛知県美術館「これからの写真」展カタログに所収

百瀬文「The Recording」「定点観測(父の場合)」「オーディション(テルミン奏者)」
  横浜美術館での個展で展示された映像作品の字幕ほか(英訳校正:Greg Wilcox)

田村友一郎「鬼瓦「ケイティ・キング」」
  作品についてのステートメント(英訳校正なし)

田村友一郎「Encounter the island's Demons.」
  映像作品の字幕(英訳校正なし)


2013
平井晴香「 描く/イメージについて
O Jun「Hirai Harukaという未来」

田中正行「ホワイト・キューブと想像力」
  菅亮平 の作品集に所収

阿部純・津口在五「我ら、交われ
  稲川豊「Slow Life: Generation in Exchanges」展フライヤー

白木麻子 ステートメント
森啓輔「再-配置される技術──白木麻子の彫刻について

高階秀爾「縦糸を引き抜く─五色」
  手塚愛子の作品について(作品集に所収)

服部浩之「物語に導かれる建築」assistantの作品について)
近藤由紀「見えている現実の不可視化と見えない世界の可視化」アンニ・レッパラの作品について)
  ともに「肌理と気配ーTextures」展(国際芸術センター青森、青森)のカタログに所収

武藤隆「はじめに」
佐藤敦「さいごに──長者町アートアニュアルの行く末」
  ともに長者町アートアニュアルの年間報告書2012に所収


2012
Nadegata Instant Party「カントリー・ロード・ショー」
  映像作品の字幕(歌詞)

亜真里男
  アートフェア東京2012の青山|目黒OFFICEのブースで配布されたステートメント

中谷芙二子「美唄──西と東」(英訳校正:Greg Wilcox)
  Anarchive 5 ・FUJIKO NAKAYA 中谷 芙二子 FOG 霧 BROUILLARD所収

由良環「あとがき」
中里和人「由良環写真集「TOPOPHILIA」に寄せて」
  由良環写真集「TOPOPHILIA」所収

百瀬文「Calling and Cooking
  映像作品の字幕(英訳校正:Greg Wilcox)

泉太郎「循環体験のための舞台装置、体液として流れてみる」
北川貴好「閉じた展覧会を、言葉でつないで、開いていく」
新川貴詩「サイトスペシフィック・アートの進化形──北川貴好の作品を巡って」
薮前知子「「穴」はどこに出現するか──北川貴好の「展覧会」によせて」
  すべてアサヒ・アート・スクエアでの北川貴好展カタログに所収

石崎尚「メグロアドレスの考え方」
田中功起「制作と発表を切り分け、そのあと、もう一度ひとつにする」
  ともに「メグロアドレス」展(目黒区美術館、東京)のカタログに所収

服部浩之「突入する身体〜滑稽な振舞いが社会に風穴をあける」(丹羽良徳の作品について)
服部浩之「found composition〜瞬間的観察術による彫刻法」(冨井大裕の作品について)
  ともに「再考現学 pahse2: 観察術と記譜法」展(国際芸術センター青森、青森)のカタログに所収

栗原森元「Strange Right Hand
  映像作品の字幕


2011
大友良英「たかが風呂敷、されど風呂敷」(英訳校正:Leigh Robb)
中崎透「プロローグとしての大風呂敷」(英訳校正:Peter Bellars)
  ともに「福島大風呂敷 FUKIUSHIMA! O-FUROSHIKI」パンフレットに所収

薮前知子「私とあなたが見ているものは同じではない──五月女哲平の絵画作品について」
  五月女哲平『猫と土星』所収

眞島竜男「旅館コアラ」
外島貴幸「頭山変奏曲」
  ともにblanclass +nightのパンフレットに所収

津田道子「日本人に会う」

高木こずえ「Suzu」
  同名の写真集に所収

田中功起・宗方コウイチ・堀口徹・柳澤田実・山辺冷 各氏による秋山ブク氏の作品に関するテキスト
  秋山ブク作品集に所収予定

高橋瑞木・服部浩之 両氏によるNadegata Instant Partyに関するテキスト
  ACACでのプロジェクト「24 OUR TELEVISION」の記録集に所収


2010
芹沢高志「次を夢見て、アートゲートは閉じられる」
  「混浴温泉世界 場所とアートの魔術性」所収

友政麻理子「お父さんと食事」
  映像作品の字幕


2009
田中功起「正直さが導くこと」
長坂常『B面がA面に変わるとき』所収

2008
楠見清「コノヨノモノで。アノヨノモノを、」
八木良太:自作品解説
  ともにDVD「Lyota Yagi: Time Cosmique」(無人島プロダクション)のブックレットに所収

林卓行「飛躍する手、飛躍する目」
  池田巌作品集に所収

櫃田伸也「通り過ぎた風景」
  同名の作品集に所収

清水穣「デジタルカラー全開──松江泰治の「nest」」


2007
会田誠
Monument For Nothing」所収の書き下ろしテキスト全文

東野芳明「エレーヌ・スターツヴァントーー贋作の論理」(英訳校正:Jeffrey Ian Rosen)
  Bruce Hainley「Under the Sign of [sic]」のために

in*tension project 展カタログの全テキスト(英訳校正:Tom Bidwell)

粟田大輔「誰も、見たことのない景色」
  岩永忠すけ、申寿赫、田口和奈、横谷奈歩による展覧会のカタログに所収


2006
八木宏昌「榎本裕一:樹を見て森を知る」


2005
黒沢伸・椹木野衣・五十嵐太郎・藤本由起夫 各氏によるテキスト
  ヤノベケンジ「Document 子供都市計画」所収

水谷一「10メートル手前に」(英訳校正:Suzanne Reiser)





【英和通訳】

2012
タリン・ギル
  XYZ collectiveでのアーティスト・トーク(聞き手:山峰潤也)(個展「グレート・ノーザン」にあわせて)

ガブリエル・リッター「L.A.ストーリー/東京物語:ある展覧会史
  東京芸術大学でのレクチャー

2011
ラッセル・クレイグ「The Ocean, Water and Other Things」
  東京芸術大学と女子美術大学でのレクチャー
ジョー・ダージェ「My Art Practice ・An Overview」
  東京芸術大学と女子美術大学でのレクチャー

2010
ロッテ・ライオン 青山|目黒でのアーティストトーク(個展「1:2」にあわせて)

2009
ジョアンナ・リトルジョンズ 東京造形大学、広域表現3年生の授業内でのレクチャー


2008
ニール・マローン 東京芸術大学版画科でのレクチャー
アリン・スノーボール「Very little almost nothing」 東京芸術大学油画科でのレクチャー

2006
パット・ホフィ 東京芸術大学油画科でのレクチャー